というわけで、「てっぱく」に行ったらやはり、ご近所の「ジョン・レノン・ミュージアム」にも立ち寄ってしまいますね。

今回で二度目ですが、前に来たときとまた少し違っていて、たとえば前はオノヨーコのインストラクションがもう少したくさんあったのですが、今年は「リバプール強化年?」だったかで、リバプールの大地図があったりしました。

祝日ですがお客さんは少なかったです。

ゆっくり観られるから、おすすめかも・・・。

いつ観てもここは、心が洗われるような気がします。

たくさんの「Yes」が、空から降ってくるような気がします。

このひとたちはいったいどれだけの傷をあびたのだろう。

わたしも、ここ数日は気の滅入るようなことばかりだったですけど

空を見上げると、Yes.の文字。

それから、メメント・モリ。

小さな事にとらわれて、視界が狭くなっている自分を反省しました。

「てっぱく」は過去がある感じでしたが、「ジョンレノンミュージアム」には未来があるな~という感じ。

壊れることが当たり前という気分。

何ひとつ、当たり前ではない毎日が、奇跡のように積み上がっているのを感じます。ゆさ、ゆさ、今日もわずかな余震のいちにち、

やっと終わってゆくようです。