『他人の不幸は蜜の味』

悲しいけれど、人間の本性だし、

核心をついている。

 

 

ゴルフでもあるよね、

競ってる相手のティーショットがOB方向に一直線、

あなたはその時、どう思う?

 

 

 

私は、この年でも、まだまだ人間ができていないので

何となく、好きになれない相手の場合は

《OBになれ!》と心の中で思ったこと、

一度や二度じゃありません。

 

木に当たって、跳ね返りフェアウェイに

戻ってきたときなんかは、ウソくさく、

「ラッキー、良かったね」なんて声を掛けたり、

 

本当に、OBを打てば、同じように、悔しそうな顔して、

「いい球だったのにね」「ナイスショットすぎたね」って、

心にもないことを言ったりする。

イヤな奴だ。

 

グリーン上でも、相手のパットを、《外せ!》って

心の中で願ったりする。

 

相手の不幸やミスを喜んだり、期待するのは、

本当に情けないことだ。

 

自分が相手を上回るプレーをして勝つゴルフから

いつからか、相手のミスを待つような

卑屈なゴルフになってしまう。

 

相手のミスや失敗ばかり願っていると、必ず、自分に

跳ね返ってくるものだ。

 

自分のプレーが、後ろ向きになってしまっている。

f:id:t6911:20161226121344j:plain

 

相手のティーショットが願った通り、OBを打つと、

今度は、自分もOBを打ってみたり、

 

外せと思っている相手のパットが入ると、それよりも

短い自分のパットを外したりする。

 

ああ、これで、相手をリードしたなと思い、

心のどこかに、緩みがでたり、スキが生まれているからだ。

 

そんな気持ちで、プレーしているから、

普段通りのゴルフをしていれば、勝てる相手にも

変に、お付き合いをしてしまって

負けることだってある。

 

相手に合わせるゴルフになってしまっている。

 

【相手のパットは入るもんだと思え、

自分も入れ返せばいい、スキを作らず、前向きな

気持ちが大切だ】と、よく言われますよね。

 

凡人の私は、そこまでの心境には、なかなか

なれないけれど。

 

やはり、ここに立ち返るのでしょう。

 

ゴルフは、自分との戦い

ゴルフはコースとの戦い

 

相手のプレーに惑わされず、自分の一打、一打に

集中する。

打ったショットに一喜一憂しない。

f:id:t6911:20161226182157j:plain

 

もっと、穏やかに

コースとの対話を楽しみながら

ゴルフをしないといけないな。

 

年の瀬は、反省することばかりだ。

 

www.tatsujin72.com