渋谷駅の、ヒカリエ側の、あの、歩道橋からの写真。

かつては東急東横線があった場所は はがれて・・・

向こうにみえるのは JR山の手線。

この歩道橋から こうしてJR渋谷駅を見られるなんて 驚いてしまいます。

地上に降りて

ふと 見上げれば

おどろくほど黄色い 銀座線。

懐かしいような 新しいような 車両・・・

見えにくいですけど黄色い銀座線が入ってゆくところです。

今日は銀座線に乗りました。

それは、前の記事に書きましたCDの営業のためです。

まずはタワレコ渋谷店に行きました。

行ってみて驚いたのは・・・・

お客さん多い!

繁盛してる!

CDが売れない時代と言われて久しいのですが タワレコ渋谷店はお客さんがいっぱいで

試聴機もいっぱい。

わくわくするようなレイアウト。

若者が試聴したり、CDを買ったりしていました。

こんなところに置いていただけたら夢みたいですね。

2階にはカフェもあって、アイスコーヒーで一休みしました。

あとで知ったのですが、電源も使えるそうです。

おお、すばらしいな~。入り浸りそう・・・。

そして銀座線に乗って 終点・浅草まで行きました。

9年前に「車掌もひとりぼっち」を置いてくださった浅草「音のヨーロー堂」さんに営業に行きました。

入ったとたん、店員さんが「あ~ら、松岡さんじゃない♪」って感じで覚えてくださっていて、

嬉しくなるとともに、すごい記憶力(・_・!)と驚きました。

松岡さん変わってないですね~と言われましたが、

 ・・・そ、そうかな・・・

むしろ、店員さんがずっと変わらないというのも凄いことですよね。

「浅草力」を感じました。

さいきん、熊本で療養中の父の家(@神奈川)を掃除していると、

ただの、ふつうの、薄汚れた家ですが、ここは父にとっては戻りたくても戻れない場所かもしれないなあ・・・などと思い

何気ない日常が壊れるのは一瞬だなあ・・・

年を取ると病気になっちゃうのかなあ・・・

などと、ちょっと悲観的になっていました。

思えば鉄道の変化というのも早くて

ホームドアがついて車掌さんがいなくなったり

車体も変わり 寝台車もなくなり

鉄道員が警備員に変わり

荒波のように変わってゆく変化に ついてゆくのに必死でした

でも浅草という街では、10年も一瞬のようで、ちょっと、ほっとしました。

「浅草力」を感じました。

この世界の変化は止められませんが・・・

現在進行形のそのすべてを受け止めよう・・・

銀座線の歴史に思いをはせながら 帰宅しました。

こうして 今日一日 なんとか なんとか 生き延びております。

追伸

拍手コメントくださった方ありがとうございます。

駅前イベントは・・・もうお呼びがかからないかも(;;)

でも、蒲田駅前鉄道イベントはお客さんでも十分に楽しめますと言うかお客の立場のほうがいろいろ都合が良い面もありますよねムフフのフ(←なんなんだ)

指がきれいな東京メトロの駅員さんでもどうぞ(↓)